鰹節・昆布・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミンなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

研究開発

トップページ > 研究開発 > N-アセチルグルコサミン-胃壁保護作用

N-アセチルグルコサミンの作用


胃壁保護作用

特許第5035787号「α-1,4結合型アセチルグルコサミン含有 O-グリカン型糖鎖の分泌促進剤並びにこれを含有するヘリコバクター・ピロリ菌を原因とする病態の治療予防剤」




NAGの摂取により、ピロリ菌による胃の炎症が改善されます。

Helicobacter pyroli を予め感染させたスナネズミに対し、5%NAG または 5%グルコサミン塩酸塩を溶解した水、もしくは通常の水を12週間毎日自由摂取させ、胃の重量などを指標として炎症を評価しました。
その結果、NAG摂取群において対照に対し有意な炎症の改善がみられました。
胃壁保護作用グラフ
平均値±標準偏差
#:p<0.05(群間比較) Student t検定による


NAGは胃粘膜中~深層に存在する細胞から産生される粘液において、O-グリカンという糖鎖にα結合型という特殊な形で含まれています。
このO-グリカンはピロリ菌の粘膜への接着を抑制するとされており、NAG摂取によるO-グリカン増加と炎症抑制機能が寄与したものと考えられます。



基礎データ
作用
比較

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求