鰹節・昆布・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミンなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

選ばれる理由

トップページ > 選ばれる理由

YSKが選ばれる理由01

高品質で幅広い製品ラインナップ

何より安全と安心を大切にし、高品質を追求
豊富な製品群が自慢です

YSKでは水産物を中心に天然素材から調味料や機能性素材を製造し、販売しています。
当社が取り扱う製品は170品を超え、鰹・鰹節を始め、昆布、煮干、エビ・カニ、フルーツ・野菜、畜肉など様々な素材の調味料製品を取り揃えています。
製品ラインナップ

鰹節 イメージ画像

同じ素材でも風味や口当たり、形状が異なる製品をいくつもご用意しており、たとえば、鰹・鰹節の調味料だけでも液体、粉体、顆粒、シーズニングオイル、乾燥具材など10種類以上展開しています。幅広いラインナップでYSKの製品がお客様の商品設計のお役に立てることをお約束します。


また、当社では、エビ・カニ殻由来のN-アセチルグルコサミンを始めマグロ・カツオ由来のアンセリン、海藻由来のフコースなど天然素材から抽出した機能性素材も多数取り揃えております。研究開発も積極的に取組んでおり、調味料・機能性素材の製造方法や用途に関する特許を多数保有しています。


YSKでは2002年より品質保証の国際規格であるISO9001を全事業所で取得・継続し、品質と顧客満足の向上に努めています。2018年には掛川工場で食品安全の国際規格であるFSSC22000を取得。開発・原料調達・製品化までの各工程で品質を確認し、安全・安心な製品をお届けできるよう隅々まで気を配っています。運用体制の見直しを定期的に実施することで、各規格への適合性を維持し、有効性を高める仕組みが構築されています。





YSKが選ばれる理由02

多様な設備でニーズに合った製品を提供

様々な設備と優れた研究開発力
設備を使い分け、ニーズに合った製品を提供

当社は、国内でも数台しか導入されていないと言われるCVD(連続真空乾燥装置)を2台保有しています。CVDは真空下で液体を乾燥させる設備で、通常の乾燥設備に比べ低い温度で乾燥できるため、食材そのものの味や香り、色を残したまま粉末化できることが特長です。また、真空下で乾燥させる特殊な製造方法により、多孔質で溶解性の高いこともCVD製品の特長のひとつです。

CVD
CVD
(Continuous Vercurm Dryer:連続真空乾燥装置)


高濃度・高粘度な果汁も乾燥でき、風味や色に優れているため、CVDで製造された果汁パウダーはキャディーやチョコレート、粉末飲料などに使用されています。その他にもスープ類や固形分を含むもの、ペースト状のものまで素材感を活かしながら粉末化することができます。


CVD以外にもYSKは熱水抽出、アルコール抽出、加圧抽出など幅広い抽出方法に対応している多機能抽出機や微細で一定した粒度の乾燥粉末を製造することができるSD(スプレードライヤー)、熱をかけ香ばしいロースト風味を付与することができるDD(ドラムドライ)など様々な製造設備を保有しています。様々な設備を使い分けることで、お客様のニーズに合わせた製品を提供することができます。

SD
SD
(Spray Dryer:噴霧乾燥装置)

液体抽出装置
液体抽出装置




国内原料 イメージ画像

原料 イメージ画像

YSKが選ばれる理由03

世界中に広がるネットワークで原料を調達

国内はもちろん、世界中に調達網を構築
常により良い原料を追求しています

YSKは国内外問わず、原料調達のネットワークを構築しています。常に同じもので満足せず、より良い製品を提供するため、最適な原料を探し続けています。

北海道産の日高昆布・利尻昆布、焼津産の鰹節など、産地にこだわって原料を調達することも可能。さらに、安定した供給を目指します。




農業 イメージ画像

YSKが選ばれる理由04

新たな市場への挑戦

長年の研究で蓄積した独自の技術と知識を駆使し、新素材を開発
農業分野など新たな市場へ挑戦しています

YSKでは機能性素材を含む食品素材の開発を通して、独自の技術や知識を培ってきました。それらを駆使し、食品以外の新たな市場への取組みを進めています。

10年以上の研究期間をかけ開発したのが、カニ殻由来の低分子量キチン(LMC)です。カニ殻は土壌改良資材として古くから伝承農法で活用されていますが、効果が出るまでに数年かかるという問題があります。
当社では独自技術で加工することで、すぐに効果を発揮できるLMCを開発することに成功しました。植物が健全に育つための「バイオスティミュラント」素材として、農業市場や芝生産業などへの展開を進めています。
カニ イメージ画像






和食と海外 イメージ画像

YSKが選ばれる理由05

ジャパンクオリティを
世界へ展開

日本の食文化を、焼津の海から
世界へと展開していきます

2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本の食文化は海外でも関心が高まっており、健康・美容マーケットも拡大しています。

YSKでは2018年にタイ・バンコクに駐在員事務所を設置したのを皮切りに、生産拠点をアジア圏に設けました。アジアをはじめ、欧米への展開を見据えています。

また、YSKのもう一つの柱である機能性食品は、日本が先駆けとなって築いた分野です。栄養、味覚や香りに加え、生理学上の機能という三次機能について当社も古くから研究に取り組み、N-アセチルグルコサミンやアンセリンといった機能性食品を生み出しています。

YSKが誇るジャパンクオリティの技術を武器に、日本の食文化を、焼津の海から世界へ。そして未来へと挑戦し続けていきます。


健康 イメージ画像

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求