鰹節・昆布・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミンなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

研究開発

トップページ > 研究開発 > N-アセチルグルコサミン-皮膚細胞、軟骨細胞でのヒアルロン酸産生に及ぼす効果

N-アセチルグルコサミンの基礎データ


皮膚細胞、軟骨細胞でのヒアルロン酸産生に及ぼす効果

いずれの細胞においても、NAG添加によりヒアルロン酸産出が増加しました。

また、真皮細胞やヒト軟骨では、コラーゲンの産出促進作用も認められました。


ヒト表皮細胞
ヒト表皮細胞にサンプルを加えて2日間培養し、上清に産生されたヒアルロン酸を結合タンパクにより定量しました。
(Kubomura D et al., Fragrance J 6, 2006)
ヒアルロン酸 産生量グラフ


ヒト軟骨細胞
ヒト軟骨細胞にサンプルを加えて3日間培養し、上清に産生されたヒアルロン酸を結合タンパクにより定量しました。
(Shikhman AR et al., Osteoarthritis Cartilage 17, 2009)
ヒアルロン酸 産生比グラフ

平均値±標準偏差

*:p<0.05(培地のみとの比較)Student t検定による




基礎データ
作用
比較

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求