鰹節・昆布・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミンなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

研究開発

トップページ > 研究開発 > アンセリン-抗メタボ作用(血糖値上昇抑制作用)

アンセリンの作用


抗メタボ作用(血糖値上昇抑制作用)

アンセリンを食事前に摂取しておくと、血糖値上昇が緩やかになります。

健康な男女に体重45kgあたり10mgまたは100mgのアンセリンを摂取させた後、さらに50gのグルコースを飲用させました。そして、簡易測定器により経時的に血糖値を測定しました。
その結果、両アンセリン摂取群はプラセボ摂取群に比べ、血糖値のピーク値が抑制される傾向が確認されました。
血糖値上昇抑制効果 グラフ
平均値±標準偏差
(Kubomura D et al., Nutr. Neurosci. 13(3), 2010)


アンセリンの摂取により、自律神経のうち副交感神経が優位な状態になった結果、血糖値上昇が抑制されると考えられています。



基礎データ
作用

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求