鰹節・昆布・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミンなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

研究開発

トップページ > 研究開発 > アンセリン-抗メタボ作用(尿酸値上昇抑制作用)

アンセリンの作用


抗メタボ作用(尿酸値上昇抑制作用)

当社は、Lytone Enterprise Inc. より
特許第4095557号「尿酸を削減するための組成物」の日本国内における通常実施権を取得しております。




アンセリンを摂取すると、尿酸値上昇が抑制されます。

血清尿酸値が5.5~7.0mg/dLの成人男女を対象に、アンセリン50mg/日、もしくはプラセボを毎日摂取させ、尿酸値を4週間毎に測定しました。
その結果、アンセリン群は摂取12週間後に、尿酸値の有意な低下が確認されました。

尿酸値上昇抑制 グラフ
平均値±標準偏差
(久保村ら, 応用薬理94(3/4)37-42, 2018)



アンセリンは、HPRT(ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ)とLDH(乳酸脱水素酵素)各遺伝子の発現量を増やすことで、尿酸のつくりすぎを抑制し排泄を促進すると考えられています。



基礎データ
作用

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求