天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
研究開発
トップページ > 研究開発 > アンセリン-抗メタボ作用(尿酸値抑制効果)

アンセリン


抗メタボ作用(尿酸値抑制効果)

当社は、Lytone Enterprise Inc. より
特許第4095557号「尿酸を削減するための組成物」の日本国内における通常実施権を取得しております。


アンセリンを摂取すると、尿酸値が抑制されます。


尿酸値が高め(6.5-8.0 mg/dl)の成人男性を対象に、アンセリン50 mg、もしくはプラセボを毎日摂取させ、尿酸値を定期的に測定した。
その結果、アンセリン群は摂取前と比較し尿酸値が有意に低下したが、プラセボ群は変化がなかった。
 抗メタボ作用(尿酸値抑制効果)
*P<0.05, +p<0.10(摂取前との比較, t検定) 
平均値±標準偏差

(久保村ら, 食品工業 53 (2), 2010

アンセリンは、HPRT(ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ)とLDH(乳酸脱水素酵素)各遺伝子の発現量を増やすことで、尿酸のつくりすぎを抑制し排泄を促進すると考えられています。





基礎データ
icnアンセリンとは
作用
icn抗疲労効果
icn運動機能向上効果
icn日常の疲労感軽減効果
icn抗メタボ作用(尿酸値抑制効果)
icn抗メタボ作用(血糖値上昇抑制効果)
icnアルコールケア

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階