鰹節・昆布・エビ・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミン・フコースなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

会社案内

設備紹介

YSKでは製品に求める特徴によって乾燥装置を使い分けることで、
お客様のニーズに沿ったPB開発が出来ます。



CVD(連続真空乾燥装置) SD(噴霧乾燥装置) 液体抽出装置
精製装置 DD(ドラム乾燥装置)




CVD(Continuous Vecuum Dryer:連続真空乾燥装置)

CVDは国内でも数台しか導入されていない設備ですが、当社では2台保有しています。
真空下にて低温で乾燥させる特殊な製造方法で、食材そのものの味や風味、色を維持した粉末調味料の生産には、CVDが大きな力となっています。CVD製品は多孔質で溶解性が高いことも特長のひとつです。

CVDで製造された果汁パウダーはキャンディーやチョコレート、プロテインドリンクなどの粉末飲料にも使用されています。その他にもスープ類や固形分を含むもの、ペースト状のものまで素材感を活かしながら粉末化することができます。

果汁からスープ類まで、幅広い製品群の乾燥に対応できるのはYSKの誇る加工技術によるものです。
CVD 連続真空乾燥装置



CVDの特徴

素材の風味劣化を抑えた粉末化

もっと手軽に!もっとおいしく! 素材のおいしさを活かしながら粉末化。 YSKではひと手間かけたあの旨みもCVDで再現いたします。



CVDのメリット
  • 素材の味や香り、色を維持したまま粉末化できます。
  • 溶解性に優れ、スープなどにも最適です。
  • 固形を含んでも乾燥できるので、素材感を活かすことが可能です。
  • 高濃度、高粘度の原料でも乾燥可能です。
粉末 イメージ画像



CVDではこんな粉末商品が作れます
魚介・畜肉パウダー イメージ画像
魚介・畜肉パウダー
魚介・畜肉の“旨み・風味”をそのまま粉末化
調理パウダー イメージ画像
調理パウダー
調理したスープ感をそのまま粉末化
果汁パウダー イメージ画像
果汁パウダー
果実の色、香りをそのまま粉末化



製造工程
CVD 製造工程




SD(Spray Dryer:噴霧乾燥装置)

チャンバー内で霧状にした原液に熱風をかけ、瞬間的に微粒子状に乾燥させる装置です。処理能力が高いので量産に向いています。微粒子で一定した粒度分布を得られます。
SD 噴霧乾燥装置 図

SD 噴霧乾燥装置




液体抽出装置

熱水抽出、アルコール抽出、加圧抽出など、幅広い抽出方法に対応できます。

液体抽出装置

精製装置

エキス中の必要成分と不要成分を、各成分の性質により分離・精製する装置です。

精製装置




DD(Drum Dryer:ドラムドライヤー)

蒸気で加熱されたダブルドラムの表面に原液を付着させ、ドラム回転中に乾燥したフレークを削り取って回収します。熱をかけることで、香ばしいロースト風味が付与されます。粉末醤油などに利用します。

DD ドラムドライヤー


お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求