鰹節・昆布・低塩調味料素材、アンセリン・N-アセチルグルコサミンなどのサプリメント・化粧品向けの機能性素材ならYSKへ

N-アセチルグルコサミン

トップページ > N-アセチルグルコサミン > N-アセチルグルコサミンとは

N-アセチルグルコサミンとは

N-アセチルグルコサミンの基本情報をご紹介いたします。





N-アセチルグルコサミンの基本情報

N-アセチルグルコサミンは、体内のお肌や関節などに存在する成分と同じカタチ。だから"天然型グルコサミン"です。 N-アセチルグルコサミン 構造式

N-アセチルグルコサミンとは イメージ画像



ヒアルロン酸のもととなる成分です

N-アセチルグルコサミンは、関節やお肌にあるヒアルロン酸の「もと」となる成分です。

ヒアルロン酸の構造 図
ヒアルロン酸の構造
ヒアルロン酸はお肌のうるおいを保ち、関節ではクッションのように働き各部を保護する役割を担っています。

  肌の構造図

お肌ではうるおいを保つ保湿成分

関節の構造図
 
関節ではクッションの役割をもつ軟骨成分




ヒアルロン酸は年齢とともに減少してしまいます

カラダのうるおいやクッションの役割を担うヒアルロン酸は、年齢が若いうちは体内に十分存在していますが、年齢とともに減少してしまい、60歳になると20歳のころの半分、75歳では4分の1に減ってしまいます。

しかし、補給目的でヒアルロン酸を摂取しても分子が大きいため、そのままでは吸収されにくいことが知られています。ヒアルロン酸の主成分のN-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸の400~3000分の1の大きさで体内へ吸収されやすく、ヒアルロン酸の生成をサポートします。
加齢によるヒアルロン酸の減少 グラフ
出典:Carbohydrate Research,159,127-136,(1987)



N-アセチルグルコサミンは普段の食事から補うことがとても難しい成分です

N-アセチルグルコサミンは、身近な食品では牛乳にも含まれていますが、100ml当たり11mgと微量であり、牛乳だけでは1日の摂取目安量500mgを摂取するのは困難です。

そのため、N-アセチルグルコサミン含有食品やサプリメントなどの補助食品でN-アセチルグルコサミンを摂ることが効果的です。

1日に必要なN-アセチルグルコサミンを牛乳でとると23本分

出典:JOURNAL OF DAIRY SCIENCE,46,573-574,(1963)




関連ページ

グルコサミン・ヒアルロン酸との違い イメージ画像
関節痛の改善 イメージ画像
乾燥肌の改善 イメージ画像
よくある質問 イメージ画像

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
資料請求

資料請求はこちら。

資料請求