天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 2018年8月22日 日本食品科学工学会第65回大会での研究発表のお知らせ

日本食品科学工学会第65回大会での研究発表のお知らせ


2018年8月22日(水)~24日(金)に東北大学で開催される日本食品科学工学会第65回大会において、「フコースの肥満抑制効果」および「フコースまたはN-アセチルグルコサミン(NAG)の摂取が腸内有機酸産生に与える影響」に関する研究成果を発表します。


演題1:
フコースの経口摂取が体組成に与える影響 (発表者:研究開発部 伊東美保)
要旨1:フコースは、褐藻類のフコイダンなどの構成糖に認められるほか、ヒトの母乳などに遊離の状態で含まれる単糖としても明らかにされています。本研究では、海藻由来のフコースの経口摂取がヒトの体組成に与える影響について評価することを目的として、成人男女45名を対象として無作為化二重盲検並行群間試験を実施しました。結果、フコース高用量群では、対象群と比較して体脂肪率および皮下脂肪率の低下傾向がみられました。更に脂肪量の測定では、対象群と比較してフコース低用量群、高用量群の両群で試験食摂取後の内臓脂肪量が有意に低値となることを確認しました。


演題2:フコースまたはN-アセチルグルコサミンの摂取がラット消化管ムチン分泌および腸内有機酸産生に与える影響 (発表者:研究開発部 相澤光輝)
要旨2:消化管ムチンを構成する糖鎖の一種であるフコースおよびNAGに着目し、両素材をラットに摂取させた際のムチン分泌、ムチン構成糖比率、腸内有機酸産生に与える影響について評価しました。結果、ムチン量およびムチンの構成糖比率の変化は認められなかったものの、盲腸での短鎖脂肪酸産生量が有意に増加し、特に、フコースはプロピオン酸産生, NAGはn-酪酸産生をそれぞれ強く誘導していました。短鎖脂肪酸は腸内細菌が基質を発酵することにより生産されるため、その特異的な増加には、フコースおよびNAGによる腸内細菌叢の多様化が寄与している可能性が示唆されました。

  
当社はこれまで、海由来の機能性素材の研究開発を積極的に行ってきましたが、今回明らかとなったフコースやNAGの新機能を活かし、今後これらの素材をメタボリックシンドローム対策や腸のアンチエイジングを訴求する各種サプリメント、飲料、ヨーグルト商品などへ展開し、市場獲得につなげていきたいと考えております。
  
【発表情報】
  大  会 : 日本食品科学工学会第65回大会
  会  場 : 東北大学 D会場
  発表日時 : 2018年8月24日(金) 9:14~
  関連サイト: https://www.jsfst.or.jp/
  

 

ADOBE_PDFPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは
アドビシステムズ社より無償配布されています。右のアイコンからアクセスしダウンロードしてください。

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階