天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 2014年8月29日 茶葉由来テアフラビン類の混合物で高い抗菌性を確認

茶葉由来テアフラビン類の混合物で高い抗菌性を確認

 当社は、テアフラビン混合物が、テアフラビン類の4種成分及びカテキン濃縮末に比べ、う蝕原因菌や歯周病菌に対し高い抗菌性を示すとともに、口腔内常在菌に対しては低い抗菌性を示すことを確認しました。この研究成果は、2014年8月28日から30日まで福岡県で開催される日本食品科学工学会(第61回大会)で発表されます。

 これまで、口腔内細菌の抑制に関する研究については、茶カテキンの研究が多い中、テアフラビン(TF)類を対象とした研究は少なく、詳細が明らかではありませんでした。

 そこで当社は、テアフラビン混合物、テアフラビン(TF)類各4種(TF-1、TF-2A、TF-2B、TF-3)カテキン濃縮末(CC)について、口腔内細菌に対する抗菌性試験を実施しました。口腔内細菌としてう蝕原因菌S.mutans、歯周病原因菌P.gingivalis、口腔内常在菌Streptococcus mitisを用い、抗菌性の評価として最小発育阻止濃度(MIC)を測定し比較したところ、テアフラビン混合物のMICはう蝕原因菌S.mutansに対して100μg/mL、歯周病原因菌P.gingivalisに対して120μg/mLとなり、最も高い抗菌性を示しました。また、テアフラビン混合物の口腔内常在菌Streptococcus mitisに対する抗菌性は、テアフラビン類の4種成分と比べて低い抗菌性を示し、カテキン濃縮末と比べて同等であることを確認しました。

 この研究結果から、テアフラビン類の成分間に抗菌性の差があり、テアフラビン類の混合により抗菌性が高まることが解りました。
う蝕原因菌データ歯周病原因菌データ
口腔内常在菌データ 注1)
TF-1theaflavin
TF-2Atheaflavin-3-gallate
TF-2Btheaflavin-3-gallate
TF-3theaflavin-3,3-digallate
TFmix TF-1(16.6%),TF-2A(27.3%),TF-2B(15.2%),TF-3(40.0%)
TFc
TF-1(5.6%),TF-2A(13.6%),TF-2B(4.5%),TF-3(17.0%)
CCCatechin concentrate


 今後当社は、テアフラビンについて、さらなる知見を得るため、研究を実施していきます。



 



ADOBE_PDFPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは
アドビシステムズ社より無償配布されています。右のアイコンからアクセスしダウンロードしてください。

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階