天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 2006年6月16日 ひざの痛みに関する意識調査の結果を発表

ひざの痛みに関する意識調査の結果を発表


痛み・違和感を訴える人が全体の56.1%


当社はこのほど、国内の成人男女800人(30歳代~60歳代)を対象に「ひざの痛みに関する意識調査」(専門会社によるインターネット調査)を実施、この結果を6月16日に発表しました。これは、当社がひざ関節痛の緩和に効果的な役割を果たす機能性食品素材「N-アセチルグルコサミン」を製造・販売していることから、ひざの痛みを訴える人々の実態を知ろうと行ったものです。

この結果、次のことが明らかになりました。

  1. ひざに痛みや違和感を覚える人は56.1%いて、このうち「治療も予防もしてない人」は47.7%に上る。
    60歳台で「治療も予防もしない理由」の第1位は「年を取ると仕方がないから」
  2. ひざに痛みを感じる人は、女性が男性の約1.2倍。
  3. 肥満度が高いほど、ひざを痛めている人の割合が多い。
  4. ひざが痛むのは季節と関係ない。



詳細情報ひざの痛みに関する意識調査の結果(40KB/PDF)


ADOBE_PDFPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは
アドビシステムズ社より無償配布されています。右のアイコンからアクセスしダウンロードしてください。

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階