天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
会社案内
トップページ > 会社案内 > アンセリン-健康から知る

健康から知る


どんな成分なの?

魚類の筋肉中には、アンセリンやカルノシンというアミノ酸の仲間(イミダゾールジペプチドといいます)が含まれています。これらは遊泳能力(高速で泳ぐ、長距離を遊泳する、川を遡上するなど)の高い魚類(マグロ、カツオ、サケ、サメなど)に多く含まれています。例えばアンセリンは、β-アラニンとπ-メチル-L-ヒスチジンというアミノ酸からなっており、メバチマグロ、ミナミマグロ、カツオでは、普通筋100gあたりそれぞれ1260mg、636mg、1070mgと非常に多く含まれています。刺身や鰹節などを日常的に多く食べている私たち日本人にとって、この豊富な成分を食べていながら、その機能性についてはあまり研究が行われていませんでした。そこで当社は、マグロやカツオの筋肉からアンセリンを抽出し、その生理的役割について研究を行っています。 アンセリン




何からつくるの?

原料とするのは大洋を遊泳して漁獲された天然のカツオやマグロのみ。鰹節の製造工程で副生する蒸煮液や、ツナ缶詰工場から副生する蒸煮液、また刺身原料をカットする際の切り屑などを原料とすることができます。天然の限られた資源を有効に活用しながら、有用な成分を取り出す。YSKの技術がこれを可能にしています。




どんな健康効果があるの?

その1:疲労を改善

疲労が溜まっているとき、筋肉中にはうまく使い切れなかったエネルギーが乳酸として蓄積しています。アンセリンには、この乳酸をエネルギーに変えて蓄積を軽減する効果があるため、アンセリンを摂取した後に運動することで、疲労の発生が軽減し持続力向上に役立つと考えられています。またアンセリンには抗酸化作用が強いことも知られており、疲れた筋肉に起き易い筋肉痛などを予防する効果も期待されています。

icn抗疲労効果試験はこちら
 疲労を改善

その2:痛風の予防

痛風は、血液中の尿酸値が高くなることが原因で発症すると言われています。尿酸は、ステーキ、ビール、レバーなどに多く含まれるプリン体と呼ばれる核酸成分を体内で消化する時に発生します。プリン体の過剰摂取は、血中の尿酸値を正常より高くしてしまい、慢性的症状の場合には激痛を伴う痛風の原因となることが指摘されています。ところがアンセリンを摂取すると、この血中の尿酸値を低下してくれる作用が分かってきました。そのメカニズムの一つはプリン体を体内で分解したり合成したりする酵素系に作用して、尿酸の蓄積が起きにくくする作用があると考えられています。

icn痛風予防効果の特設ページはこちらicn_other
 通風の予防


ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階