天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
研究開発
トップページ > 研究開発 > N-アセチルグルコサミン-変形性関節症改善効果

N-アセチルグルコサミン


変形性関節症改善


NAGを日常的に摂取すると、関節炎の症状が緩和されます。

軽度の変形性関節症患者にNAG 1000 mg、500 mgを含む低脂肪乳、またはプラセボを8週間毎日摂取させ、
4週間毎にJOAスコア(日本整形外科学会変形性膝関節疾患治療成績判定基準)などの測定を実施した。

その結果、NAG摂取4、8週間後においてNAG摂取群は摂取前に比べ有意なJOAスコアの上昇がみられた。



 変形性関節症改善
(梶本ら,新薬と臨牀 52 ,2003)

NAGは関節のクッションであるプロテオグリカンを増やす(Shikhman et al., Osteoarthritis Cartilage, 2009 ほか)とともに、免疫を調整し炎症を抑制する効果がある(Grigorian et al., J Biol Chem, 2011 ほか)と報告されています。
また、軟骨中のII型コラーゲンの産生/破壊のバランスを示すバイオマーカーの改善報告もあります(勝野ら, 薬理と治療, 2010)。
本結果はこれらが寄与しているものと考えられます。




基礎データ
icnN-アセチルグルコサミンとは
icn放射性ラベルしたNAGの体内動態
icn皮膚細胞、軟骨細胞でのヒアルロン酸産生に及ぼす効果
作用
icn変形性関節症改善効果
icn乾燥肌改善効果
icn血液透析患者の”かゆみ”軽減効果
icn記憶学習能改善効果
icn胃壁保護作用
icn外用効果
比較
icnグルコサミンとの比較
icnヒアルロン酸との比較

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階