焼津水産化学工業リクルートサイト

トップページ > インタビュー > 研究開発/Y・Tさん
インタビュー

他社が真似出来ない
何年も売れ続けるような
製品を作りたい

研究開発/2009年入社
Y・Tさん

幅広い製品群への対応

所属している調味料PB開発部グループの仕事は、営業の方が聞き出した顧客の求めている品質に合った製品を作成しています。基本的には、水産系の製品を多く取り扱っていますが、エキス製品から粉末、具材、オイルなど様々な分野の製品を幅広く対応していくため、時には畜肉系や農産物まで取り扱っています。仕事はスピーディーかつ品質にも当然こだわらなければならないため、日々苦労も絶えませんが、今まで培ってきた経験を活かして一つでも多く製品が採用されるよう努力しています。職場も若い社員が多く活気に溢れており、上司や先輩方も優しく、常に相談にのって頂けるため、難題にぶつかった時は一人で背負うことなく、周囲が一丸となって協力して対応してくれるためとてもやりやすい環境です。
Y・T01

学生時代に学んだ食品学を活かすために志望

もともと大学では、栄養学部を専攻していました。栄養学部で学んだ食品学の内容が食品会社で活かされればと思っていました。また、YSKの企業理念でもあるように天然素材からの有用な物質を取りだす研究や食を通じて健康な生活への貢献ということにも共感したことからYSKを志望しました。実際に自社製品を使用したレシピ作成、調理品データ(官能評価、機器分析)の取得など、調理品の対応もしており、学生時代に学んだ知識が役立っていますが、それだけでなく製品設計から製造の立合いまで幅広い業務に取り組む中で多くの知識や経験を身につける事が出来ていると感じています。

顧客に採用してもらうための工夫とやりがい

YSK製品は中間商品が中心のため、エキスや粉末製品それ自体を単体で顧客に持参しても製品の特徴を伝える事が困難な場合があります。そこでYSK製品の特徴を理解して貰うため、それらを配合した試食品を用いることで添加効果を実感して頂きます。また試食品やレシピ作成だけではなく、官能評価データ、更に機器分析を用いてより説得力のある資料作成を行います。レシピ作成やデータの取得は決して容易ではなく苦労も多いですが、それらのデータが実際に顧客に認められ採用に繋がった際はとてもやりがいを感じます。ただ製品単品を提出するだけではなく、採用に繋がる様なアプリケーション作りが大切であることを学びました。
Y・T02

将来の夢

以前は出来上がった製品を用いて調理品レシピ作成や機器分析によるデータの取得をメインとしていましたが、現在はそれだけではなく抽出方法や具材作成方法など一から製品の試作を行っています。より多くの技術を身につけることで、いつか他社が真似出来ないような何年も売れ続けるような製品を作ってみたいです。