焼津水産化学工業リクルートサイト

トップページ > インタビュー > 海外営業/H・Mさん
インタビュー

食べてみた時に
YSK製品の風味を感じると
喜びもひとしお

国内営業/2014年入社
H・Mさん

営業という仕事

YSKの製品は多岐にわたりますが、大きく分類すると“加工食品向けの調味料”と“健康食品向けの機能性食品素材”とに分けられます。私は主に“加工食品向けの調味料”の販売を担当しており、店頭に並んでいる麺つゆやお菓子、即席麺等の加工食品メーカーに対し、自社の液体調味料や粉末調味料を売り込む事が主な仕事です。基本的には担当顧客の製品開発担当者や購買担当者と面談し、それぞれが抱える製品への課題を聞き取り、その課題を解決できるような自社製品をセレクトし配合を提案します。1度の提案で採用が決まる様な事はほとんどなく、提案原料を使用した試食品や各種分析機器を用いて香りや味を視覚化したデータ、地域ごとの味の嗜好性をまとめた資料等を交えて何度も面談を重ねる中でYSK製品を使用するメリットを顧客にご理解頂き、採用してもらう事が営業の使命です。また、営業担当は一個人としてではなくYSKの代表として顧客から認識されていますので、日々の営業活動の中でのひとつひとつの対応が会社の信用に関わることを意識し、顧客との信頼関係を築くことも大事な使命です。
H・M01

YSKとの出会い

今でこそ営業部に所属していますが、実は理系大学院を卒業しており、入社当時は開発部に配属されていました。学生時代は水産学を専攻しておりアユの生態と遺伝子に関する研究をしていたため、元々水産関係の会社に就職するつもりで就職活動中に何気なく“水産”をキーワードに探していた時にYSKに出会いました。静岡県出身にも関わらず、それまでYSKの名前すら聞いた事はありませんでしたが、調べてみると社名に“水産”とついているものの、業態はBtoBメーカーへの原料販売を主体としていることを知りました。当初志望していた“水産業”とは全く業態が違ったわけですが、企業研究を進める中でYSK製品が普段口にしている様々な製品に使われている事を知り、BtoBメーカーの仕事に興味を持つようになりました。BtoBの調味料メーカーはいくつか存在しますが、その中でYSKを選んだ決め手は食品だけでなく機能性素材の研究・開発に力を入れている点でした。比較的安定している調味料の売り上げに胡坐をかくのではなく、自社で新素材を開発し新たな市場を切り拓く姿勢がYSKの魅力だと感じています。

店頭に並ぶ商品を見て思うこと

月並みですが、BtoB営業をしていて最もやりがいを感じるのは自分の提案した原材料が配合された製品がスーパーやコンビニの売り場に並んでいるのを見た瞬間です。顧客に対する守秘義務があるため、大っぴらに自分が関わっていた等と自慢は出来ないのですが、売り場を見て自分の関わった製品を見つける度に心のなかでほくそ笑んでいます。そうした製品を実際に購入し、食べてみた時にYSK製品の風味を感じると喜びもひとしおです。こうしたやりがいを感じる場面は非常に多く、日々の営業活動に励む原動力となっています。
H・M02

風味に対しての苦労

日々の営業活動の中で、顧客要望を正確にくみ取る事が最も難しいと感じています。YSKの既存製品が顧客の要望するスペックを満たさない場合、顧客要望に沿ってオーダーメイドでの製品を立ち上げる事があるのですが、顧客要望を正確にくみ取り、自社の開発に的確に伝達する事に毎回非常に苦労しています。特に“風味”についての要望は主観的な要素が非常に大きく、顧客の意図する風味への要望を誤って解釈してしまうと顧客の信頼を失いかねません。日々風味に対する感想を顧客と共有するため、一緒に味見をして意見をすり合わせ、“風味”に対する感性を磨いています。