焼津水産化学工業リクルートサイト

トップページ > インタビュー > 研究開発/F・Sさん
インタビュー

原料メーカーであることで、
より多くの人の健康に
関わることができる

研究開発/2015年入社
F・Sさん

多岐にわたる開発という仕事

所属する開発本部の業務は、実験室試作による製品の配合設計から、工場製造へのスケールアップ、商品を販売する際の技術サポートまで非常に多岐に渡ります。私は主に技術サポートを担当しており、GCMSや味覚センサーなどの機器を用いて自社商品の優位性データを取得したり、商品を使った調理レシピを作成したりしています。時には、これらのデータやレシピ資料を携えて営業担当者と同行し、直接お客様に商品をご提案することもあります。今年からは、これまで焼津本社のみにあった開発部門を、当社東京営業所近くにも設置をすることになり、そちらへ常駐することになりました。営業担当者との連携が取りやすくなるのに加え、お客様と直接会って話す機会も増えるため、要望により的確かつ迅速に対応できるようになると思います。新しい環境にはなりますが、営業担当者やお客様と積極的にコミュニケーションをとり、より効果的な技術サポートにつなげていきたいです。
F・S01

様々な専門性を活かす

部署内の距離感が近く、気軽に相談しやすい雰囲気だと思います。先輩社員のバックボーンも様々で、それぞれが異なる分野の知識を持っているため、何か課題に直面した時に相談すると多角的なアドバイスを頂けることも多く、日々助けられています。また、新しいアイデアや改善策が尊重される社風のため、自ら提案すれば、新しいことにも挑戦しやすい環境だと思います。

食品と健康への興味から

学生時代は栄養学を学び、パンの研究を行っていました。食と健康に関心があり、おいしい食品を提供することで、多くの人の健康に貢献できる仕事に就きたいと考えていました。企業理念に掲げる「おいしさと健康」に惹かれたことに加え、原料メーカーであることから各食品メーカーの様々な商品に使用されることで、より多くの人の健康に関わることができると考え、YSKを志望しました。
研究開発/F・Sさん

料理を科学する難しさとやりがい

お客様によっては、当社商品の使用メリットを具体的なデータとして提示するように求められることがあります。エキス調味料を例に挙げると、エキス単体では優位性データが取れていても、お客様の最終商品に近い調理品として分析すると、思うようなデータが出ないこともあります。最適添加量や分析方法の検討に苦労することもありますが、それでもお客様の要望に応えたデータやレシピが提供出来たことによって、商品採用につながったときには非常にやりがいを感じます。