天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 2015年7月22日 シンガポールの研究機関とASEAN向け共同開発をスタート

シンガポールの研究機関とASEAN向け共同開発をスタート


  平成27年7月22日、当社は焼津本社にて、シンガポールの公的研究・分析・教育機関である「テマセク・ポリテクニックセンター」(以下、テマセクセンター)応用科学部の季志偉部長を迎え、ASEAN向けの調味料及び機能性食品素材の共同開発を行うことを目的とした基本合意書の調印式を行いました。

 これは、現中期経営計画に掲げた、第2の海外拠点設立を目指す取り組みの一環です。東南アジア各国の1万5千人を超える専門家と学生が在籍するテマセクセンターにて、開発テーマに合った人材による研究、評価、商品開発を行い、今後ASEAN地域の市場開拓を行います。

 この取り組みにより、現地マーケットに即した商品開発の仕組みを整え、現地生産、現地販売の可能性を探りつつ、本年度中に新製品の開発と販売の方向性を出すべく、スケジュールの調整に入りました。
  テマセクセンター


 
ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階