天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 2010年8月26日 鰹だしにコレステロール酸化抑制効果

鰹だしにコレステロール酸化抑制効果


当社は、「鰹だし」にコレステロールの酸化を抑制する働きがあることを確認しました。「鰹だし」にこのような効果があることが分かったのは初めてで、当社はこの効果を8月28日から福岡市で開かれる平成22年度日本調理科学会で発表します。

コレステロールは主に細胞膜に含まれる脂質で、生体にとって重要な働きをしています。しかし、その酸化物は動脈硬化などの各種疾患に関連するとして注目されています。当社はこれまでに、「鰹だし」にEPA(エイコサペンタエン酸)などの、脂質の酸化を抑制する効果があることを確認しています。今回は、「鰹だし」が鶏肉中のコレステロールの酸化を抑制するかどうかについて調べました。

実験は、鰹節の厚削りから抽出した「鰹だし」を鶏肉に添加して作った鶏つくねを冷凍保管し、2週間後のコレステロール酸化物の生成量を調べました。その結果、「鰹だし」を添加した鶏つくねのコレステロール酸化物の量は30.9μgで、添加していないもののコレステロール酸化物の量49.2μgと比べ37%減少し、「鰹だし」はコレステロールの酸化を抑制することが確認されました。

今後は、生体内におけるコレステロール酸化に対して、「鰹だし」やその成分が影響するかを調べる予定です。
 「鰹だし」のコレステロール酸化抑制効果
「鰹だし」のコレステロール酸化抑制効果


※コレステロール酸化物の量:鶏つくねに含まれる油脂1gに対するコレステロール酸化物の量。

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階