天然調味料と機能性食品でおいしさと健康をお届けする

焼津水産化学工業
  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 研究開発
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 2010年3月8日 粉末食品製造の大型装置CVD2号機を導入

粉末食品製造の大型装置CVD2号機を導入


当社はこのほど、掛川市国安の大東工場内に大東第6工場を建設し、粉末食品を量産できる連続真空乾燥装置(CVD)を新たに設置しました。粉末食品の需要増に対応するもので、この装置導入によりCVD製品の売上倍増を目指します。

今回導入したCVDは長さ約16メートル、直径2.8メートルの大型装置。減圧下で乾燥することにより、原材料の持つ風味を残し、水に溶けやすい性質の製品を造ることができます。これが加工食品の原料となる果汁粉末などの製造に適しています。

当社では、CVD製品の需要がここ数年、増加しているため、現在あるものと同規模の装置を1機増やして、能力アップを図ることになったものです。

この装置を導入するために新設した大東第6工場は、3階建て、延べ床面積591m2。建物建設費にCVD増設費を加えた総投資額は5億6千万円です。4月から本格稼働の予定で、2010年度の当社CVD製品の売上額は、前年比1.5倍の15億円と見込まれます。
 新たに設置された連続真空乾燥装置2号機
新たに設置された連続真空乾燥装置2号機



※CVD:連続真空乾燥装置(Continuous Vacuum Dryer)。この装置による粉末食品の年間生産能力は約700t。

ページの先頭へ
焼津水産化学工業株式会社
静岡県静岡市駿河区南町11-1 静銀・中京銀 静岡駅南ビル6階